モグニャンキャットフードは腎臓病の予防になる?安全性を徹底調査!

Pocket

モグニャンキャットフードは、健康に配慮され
防腐剤などの添加物が使われていない無添加
のフードです。

腎臓病の予防になるのかな?

与えたら腎臓病にならない?

腎臓病だけど、栄養のあるものを食べさせて
あげたい。

と悩まれているあなたの為に、真相は
どうなのかを徹底調査してみました。

猫の腎臓病ってどんな病気?

猫の腎臓病は、急性腎臓病と慢性腎臓病が
あります。

猫の死因で1位を占めていますので、不安に
思いますよね。

腎臓病がどんな病気なのか、知識があまりない
あなたの為に解説させて頂きます。

腎臓は、体に溜まった老廃物を腎臓が機能
する事で体の外におしっこで排出する働き
をします。

その他にも、ホルモンの分泌を促したり
体の中の水分やミネラルを調節し、血圧の調節
をする働きがあります。

腎臓病になると、分かった時点で2/3以上の
機能が停止してしまっています。

つまり、体の水分のろ過機能が落ちて
老廃物が排出されない状態となります。

急性腎臓病は、字のごとく急激に腎臓
の機能が停止してしまう病気です。

慢性腎臓病は、年齢とともにゆっくり
と進行します。

猫の腎臓病は治るの?

残念ながら、一度腎臓病になると
完治はしません。

症状が出ている時点で、腎臓機能の
60~70%が停止しています。

今後は、残りの腎臓機能でどこまで
負担を減らしてあげられるかによって、
寿命が決まります。

病院での治療や、食事で病気の進行を
抑えてあげれますので、腎臓病になったから
といって絶望的になる必要はありません。

治らなくても、あなたが上手く
腎臓病と付き合う事で長生きはさせて
あげれますので、あまり気落ちしないで
下さいね。

猫の腎臓病の原因

猫の腎臓病の原因
  • 老化に伴う腎臓機能の低下
  • 細菌やウィルス
  • 感染症

腎臓病の主な原因は、老化に伴い腎臓の機能が
だんだん落ちてくる事が挙げられます。

その他にも、細菌やウィルス・感染症なども
原因とされていますので、半年に1回、
1年に1回は病院で検査してもらうと
早期発見に繋がります。

腎臓病の症状

飼い主さんが、目に見えて気づく症状で多い
のが水を普段より飲むようになり、おしっこの
回数が増える事です。

猫の腎臓病症状
  • 水をたくさん飲む
  • 薄い色のおしっこがたくさん出る
  • おしっこの臭いがあまりしない
  • 口臭がする
  • 血圧が高くなる
  • 嘔吐
  • 毛並みが悪くなる
  • 食欲がない
  • 脱水症状
  • 体重が減る

おしっこの回数が増え、色も薄いのであの
猫特有の臭いがしなくなるのが特徴です。

腎臓病が発症しやすい年齢

腎臓病は老化によりリスクが上がります。

一般的に、猫は7歳から老化が始まり
シニアの域にゆっくり入っていきます。

ですから、7歳から気をつける年齢だと
いう意識は持って頂きたいですね。

10歳を境にかかりやすくなり、15歳以上の猫の
30%が腎臓病と言われてます。

老化が一般的な理由とされていますが、
体質や遺伝で子猫でもかかる場合もあり
ます。

ちなみに、私の飼い猫1匹は腎臓病と尿路結石
です。発症は子猫時でした。

個人的な経験から、年齢に関係なく
上の項で紹介した症状が出ていないか、
普段から飼い主さんが注意して飼い猫の
コンディションを観察してあげる事が
大切だと思っています。

血液検査で、腎臓病なのかという確認
はできますが、異常な数値は腎臓機能
の4/3以上停止した頃合いじゃないと
出にくいからです。

病院での検査はどうするの?

腎臓病の検査は、血液検査です。

血液中の尿素窒素(BUN)・クレアチニン(CRE)
りん(P)の数値で判断されます。

腎臓の機能が低下すると、老廃物が
排出できなくなり、上の3つの数値が
高くなるのが特徴です。

 正常値
BUN(尿素窒素)10~30mg/dl
CRE(クレアチニン)0.8~2.0/dl
リン(P)2~6.5/dl

クレアチニンの指数によって、
腎臓病のステージも判別されます。

クレアチニン指数1.6以下正常な腎臓機能第1ステージ
クレアチニン指数1.6~2.8軽度な慢性腎不全第2ステージ
クレアチニン指数2.9~5.0中等度な慢性腎不全第3ステージ
クレアチニン指数5.0以上重度な腎不全第4ステージ

腎臓病予防のフード選び4つのポイント

腎臓病にならない為、気をつけるべき
フードの選び方は、やはり普段から
粗悪なフードを選ばないことです。

気をつける4つのポイント

  1. 添加物が入ったフードを選ばない
  2. 良質なタンパク質が含まれている
  3. ナトリウムやリンが低いフードを選ぶ
    (塩分・ミネラル・脂肪を控えたもの)
  4. 日頃から水分を多く摂らせてあげる

 

これらの事を意識しているだけで、腎臓への
負担はかなり減らす事ができます。

水分を多く摂る事で、腎臓の負担も減り
ますので、缶詰・ウェットフード・
レトルトのフードを与えてあげるのも
予防の1つとなりますよ。

腎臓の機能が落ちてくると、リンが
排出されにくくなります。

腎臓に溜まったリンが、腎臓病を
悪化させる原因なので塩分は控えめにする事
が何より大切です。

腎臓病だけどモグニャンは食べさせていいの?

すでに、腎臓病だと病院で診断されている
猫ちゃんにはおすすめできません。

モグニャンは療法食ではない為、腎臓病が
気をつけなければいけないリンが高いから
です。

 モグニャン 100g374カロリーロイヤルカナン腎臓サポート 100g392カロリーロイヤルカナンPHコントロール 100g386カロリー
タンパク質30%23.4%33.2%
リン0.53%0.31%0.93%
マグネシウム0.12%0.07%0.07%
ナトリウム0.31%0.41%1.24%
カリウム0.80%0.92%0.93%

腎臓機能をこれ以上悪くさせない為にも、
療法食で病状を悪化させないことをおすすめ
します。

モグニャンは腎臓病の予防になる?

健康な猫ちゃんの予防食として、
考えるならとてもバランスの良いフード
です。

これは、子猫でも老猫さんでもです。

シニアに入って、腎臓病の症状もなく
元気に過ごしているなら与えてあげても
いいと思います。

シニアと言っても、7歳と16歳では
だいぶ幅がありますよね。

年1回でも、病院に行って体調不良がないか
検査に行ける環境なら予防になります。

ただし、年齢が上がるにつれて腎臓病にかかる
リスクは上がるので、病院に行く間隔は
縮めた方が、病気の早期発見に繋がり
ますよ。

成分の安全性はどうやって確認するの?

モグニャンの成分の分析値は、アメリカの米国
飼養管理職協会(AAFCO)の最低基準を
子猫も成猫も満たしています。

 AAFCOの最低基準地・子猫AAFCOの最低基準値・成猫モグニャン
タンパク質30.0%26.0%30%
カルシウム1.0%0.6%0.62%
脂質9.0%9.0%16%
マグネシウム0.08%0.04%0.12%
リン0.8%0.5%0.53%

AAFCOのガイドラインは世界的な栄養基準として
認められています
ので、フードの成分が自分で
判断ができない場合は照らし合わせて見て
くださいね。
☟☟☟

AAFCO猫の栄養基準

大切なのは原材料の質

上の項でも説明させて頂きましたが、
なるべく粗悪なフードを選ばないという事を
お話ししました。

粗悪なフードを選ばない為に
  • 主成分であるタンパク質は動物性なのか
  • 添加物が入っていないか
  • 原材料を見てよく分からない物が
    入っていないか
  • 猫に必要な栄養素(タンパク質・脂質・
    ビタミン・ミネラル・炭水化物)が
    バランスよく含まれているか

原材料の質で、フードの値段も代わり
ます。
市販されているフードは、安い物で1.5kg
800円とかで売っていますよね。。

対して、プレミアムフードでは最高級の
オーガニックで世界認定を受け穀物不使用の
フードは1.6kgで5,150円です。。

800円と5,150円のフードを考えた時
安さで目を引きますが、何かが失われて
いる気がするのは私だけでしょうか。。

他のプレミアムフードとの比較

モグニャンと同等、無添加で穀物不使用の
キャットフードと比較してみました。

 モグニャン 100gあたり/約365kcalナチュラルバランス 100gあたり/約365kcalオーブンベイクド 100gあたり/380kcalオリジン 100gあたり/406kcal
粗タンパク質30%34%36%40%
脂質16%17%18%20%
粗繊維3.5%3%2.5%3%
マグネシウム0.12%0.1%0.1%0.1%
リン0.53%1%1%1.3%
水分7%10%10%10%以下
オメガ61%2.5%3.25%2.5%
オメガ32.1%0.5%1%2.1%

他のプレミアムフードと比べると、
モグニャンは低カロリーで低タンパク質
なのが分かります。

マグネシウムも、他のフードと比べて
0.02g多いだけです。

リンも1%を下回っていますので与えたら
病気になる危険なフードではありません。

腎臓病になるのではと、思い当たるような
不安がある場合は、病院で検査してみて下さいね。

飼い猫ちゃんが元気で、腎臓病予防に与えて
あげたいと考えられているなら、1袋から
はじめてみてはいかがでしょうか(*^^*)

健康な猫ちゃんの腎臓病予防に!モグニャン公式サイトはこちらから→

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です