モグニャンキャットフードは子猫だからこそおすすめ!その理由と与え方とは?

Pocket

子猫用のキャットフードとグレインフリーの
フード、どちらがいいのかな?とお悩みではない
ですか?

子猫だからこそ、ちゃんと栄養があって病気に
ならないフードを選んであげたいですよね。

子猫を飼っているあなたに、なぜモグニャンが
おすすめできるフードなのか、与え方など疑問
に思う事ををまとめてみましたので是非
参考にしてみて下さいね。

モグニャンが子猫におすすめな4つの理由

子猫におすすめな4つのポイント

  • 穀物不使用なので消化吸収に優しい
  • 丈夫な身体を作るのに必要なタンパク質が30%配合
  • 原材料や成分から病気にかかるリスクが低い
  • 子猫でも小粒で食べやすく栄養が満点

 

子猫は成猫の4倍の栄養が必要
とされています。

1歳までに、健康的で丈夫な体を作る為に
必要なのは、良質な動物性タンパク質です。

子猫の時に、栄養のバランスがかたよって
いると発達障害や機能障害が起こる事も
ありますので、カロリーが高くタンパク質
も高いフードを選んであげるのがポイント
です。

市販のロイヤルカナンキティと成分を比較

 モグニャンロイヤルカナンキトン(生後12ヶ月齢までの子猫用)
粗タンパク質30%34%以上
脂質16%16%以上
粗繊維3%3.1%以下
粗灰分8%8.6%以下
水分7%6.5%以下
100gあたりのカロリー374kcal409kcal
1袋3,960(1.5キロ)2,767(2キロ)楽天価格
1g2.64円1.38円

キャットフードで割と有名なのが、
ロイヤルカナンなので比較してみました。

成分的にはタンパク質とカロリーが
ロイヤルカナンの方が少し高いです。

あまり大差はありませんが、お値段が
倍近く変わってきます。

なぜだろうと疑問に思いませんか?

実は、原材料に違いあるので価格
にも差が出ているんです。

原材料の違いでフードの値段は決まる

ロイヤルカナン原材料

肉類(鶏、七面鳥)、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、小麦粉とうもろこしとうもろこし粉、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーングルテン、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、植物性繊維、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、P、Ca、Na、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤BHA没食子酸プロピル)*超高消化性タンパク(消化率90%以上)

気になる原材料を赤字にしています。

原材料を見てもらえれば分かると思いますが、
ロイヤルカナンは米やトウモロコシの穀物が
使われています。

猫は肉食動物なので、穀物を食べる習慣
がありません。

その為、腸が短い分消化に悪い穀物は排除
してあげた方が負担は減ります。

ビートパルプは、サトウダイコンの食物繊維
の事です。

砂糖の原料になる野菜なので、砂糖を絞り
取った後の繊維をペットフードのかさ増しや
ウンチを固める為に使用されています。

酸化防止剤で使われている、BHT
(ジブチルヒドロキシトルエン)は
たくさん摂ると発がん性があると言われて
います。

しかし、ペットフード安全法により大量に
摂らない限り安全性は認められています。

ですから、これらの原材料でも問題ないよ~
ちょっとでもお値段を安くしたいと思われている
ならロイヤルカナンで良いと思います。

やっぱり、添加物はなるべく与えたくない。
少し値段が高くても、健康に良いご飯を
与えたいと考えていられるのであれば
モグニャンをおすすめします。

モグニャンは、穀物不使用で酸化防止剤などの
添加物も使われていないキャットフードです。

モグニャンの原材料

モグニャンキャットフードの原材料
白身魚63%、さつまいも、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類、ビタミン類、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、かぼちゃ、セイヨウタンポポ、

原材料は白身魚をメインに、野菜や
フルーツがこれでもかと言わんばかりに
使われています(*^^*)

人間でも食べれる食材を厳選して
使われているので、子猫ちゃんの未発達
な消化器官にも優しく促してくれますよ。

子猫に与える1日の量は?

子猫に与えるフードの量は、以下の通りです。

モグニャンは2か月未満の子猫ちゃん
から与えてあげれます。

が、2か月未満の子猫ちゃんはいきなり
カリカリを食べれないと思いますので、
ぬるま湯や少し温めたミルクでペースト状
にしてあげると食べやすくなります。

まずは、給与量の下限から始めてみて
下さいね(*^^*)

すぐに食べ終わって、お皿をペロペロ
しているようなら足してあげて大丈夫です。

子猫は代謝も高いので、十分に食べさせて
上げる必要があります。

いきなり大量に足すと、お腹を壊すので、
この場合は1割の量を足して様子をみて
あげて下さいね。

1食ずつ様子をみて、増減するのがポイント
です。

2か月未満~生後6ヶ月まで
  • 食事の回数は3~5回に分ける
  • 初めて与える場合はミルクかぬるま湯で
    ペースト状に硬さを調節する
  • ペースト状が食べれるようになったら
    ふやかしただけのものを与える
  • ふやかしの硬さを調節してカリカリだけ
    食べれるように調節する

2か月未満の子猫ちゃんに与える方法

 

2か月未満の子猫ちゃんに与える給与量表記を目安に、
35gを実際にペースト状に手作りしてみました。

モグニャン離乳食の作り方
用意するものは、モグニャン35gとぬるま湯です。

モグニャンキャットフードの比率1に対して、
ぬるま湯3(少し温めた猫用ミルクでもOK)
です。

ふやかす場合、熱湯ではなくぬるま湯で作ります。

熱湯でふやかすと、
必要なエネルギーの成分が無くなってしまうので注意して下さい。

  1. モグニャンがつかる程度にぬるま湯を入れます。
  2. 5分待ちます。ラップをすると早くふやかります。
  3. 水分をすべて吸収し、ふやかしが完了したらスプーンの背で押してペースト状につぶしていく。
  4. モグニャンの形がなくなり、食べやすい状態までペーストにしたら出来上がりです。

ぬるま湯を入れたらラップをして
5分待ちます。

フードがふやかったら、スプーンの背で
押してペースト状に。
粒が小粒なので、ぬるま湯でも芯が
残りませんでした*^^*

出来上がりです。

今回、1日の給与量を作ってみましたが
この量を3~5回に分けて与えるのが正しい
与え方になります。

1日の給与量を全部作ってしまうと
痛みやすいので、面倒だと思わず毎回
作ってあげて下さいね*^^*

ちなみに、離乳食作りをチラチラ見ていた
うちのキジトラ君が、欲しいニャー
食べたいニャーとおねだりするので
与えてみました。

ふやかしたモグニャンでも、
風味は損なわれず美味しそうに食べて
いました。笑

6ヶ月~1歳までの与え方

生後半年(6ヶ月)ごろから、徐々に食事の
回数を減らしていきます。

1歳になる頃に、1日2~3回食べれるように
なるのが理想です。

だいたい10か月~11か月で体格がほぼ
出来上がるので、これ以降は体重管理も
気をつける事が大切です。

うちの猫は生後8か月で去勢手術を受け、
異常に食欲が増しておでぶちゃんになって
しまいました。

体重管理をしていなかったので、後から
後悔するはめに。。

子猫のうちに去勢手術を考えられている
なら、モグニャンは体重管理にも適して
います。

ほかのプレミアムフードより、カロリー
も控えめで、動物性タンパク質も高いので
健康的な丈夫な身体を作るにはもってこい
のフードだからです。

子猫ちゃんでも安心して与えてあげれる
フードなので、悩まれているなら、まずは
1袋からはじめてみてはいかがでしょうか*^^*

子猫だからこそ病気のリスクを減らして健康的な体作りを!
モグニャン公式サイトを見に行く→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です